03‐6228‐5348

キャンセル

発信

ダイエット
2019.06.20

暗闇で行うキックボクシングはダイエット効果がある?

ダイエットを続けているけどなかなか痩せない、理想的なボディメイクにならない…そんな悩みを抱いている人は意外と多いのではないでしょうか。
その原因としては、適切なエクササイズ方法を選んでいないということが考えられます。
ダイエットにはしっかりと脂肪を燃焼し、上半身も下半身もバランスよく筋肉をつけるための効果的なエクササイズが重要です。

そこで今回は、ストレスなく美ボディを実現できるエクササイズとして大人気の「暗闇キックボクシング」についてご紹介していきます!

SNSでも話題に!暗闇フィットネスがアツい理由って?

サイクリングやトランポリンなど、さまざまな運動やスポーツを暗闇の中で行う暗闇フィットネスが大流行しています。
もともとは海外でトレンドだったものが、日本にも上陸して話題となり、若い女性を中心に多くの人々が暗闇フィットネスに通うようになりました。

そんな中、暗闇フィットネスの新しい形として登場したのが、暗闇キックボクシングです。
キックボクシングは、有名芸能人がダイエットと美しいボディ作りのために実践しているということもあり注目を集めています。
そもそもなぜ暗闇でのフィットネスが流行るのか、キックボクシングとの組み合わせにはどのような効果があるのかについて詳しくご紹介しましょう。

見えないから恥ずかしくない

一般的なジムでのトレーニングを行っているときに、「自分の太っている姿を見られたくない」「痩せている人の隣に並びたくない」「運動音痴な自分を見せたくない…」と思ったことはないでしょうか?日本人はどうしても周囲の人の目を気にしてしまいがちなので、羞恥心が強い傾向にあります。
特にダイエットを目的としてジムに通う女性なら、なおさら周りの視線が気になってしまうことでしょう。

しかし、暗闇の空間で行うフィットネスであれば、周囲の目を気にせず、羞恥心も持つことなくトレーニングに集中することが可能です。
また、暗闇の中だと自分の行動がそれほど目立たないので、トレーニングに自信がなかったり、疲れてしまった際にも休みやすかったりするメリットがあります。

非日常感を楽しめる

暗闇フィットネスといっても、真っ暗闇のなかで行うわけではありません。
暗闇フィットネスの特徴としては、適度なライティングと大音量の音楽の中で、まるでクラブにいるような感覚でエクササイズを行えるということです。

照明は必要最低限のものなので、暗闇が隠れ蓑になって周囲の目は気になりません。
それどころか、大音量の音楽とインストラクターのハイテンションな指示によって、恥ずかしさなんて吹き飛んでいってしまうでしょう。
空間全体が混然一体となり、周りの人々と一緒にハイテンションと熱気の中で、あっという間に時間が過ぎていきます。

一般的なジムとは異なり、より開放的で、より熱気が強く、クラブのような非日常的な空間でエクササイズをするというのは、普段ではなかなか体験することができないでしょう。

おしゃれでモチベーションアップ

ジム通いのモチベーションのひとつとして、施設のおしゃれさが挙げられるでしょう。
最新のトレーニングマシンや内装の豪華さなどの外観的な部分も、人間の気持ちに大きな影響を与えます。
暗闇フィットネスは、日本に上陸してまだ5年ほどしか経っていません。
そのため、暗闇フィットネスを行っているどのジムも、最新のおしゃれなスタジオが多いのが特徴です。

古くて、流行遅れを感じさせるジムだと、なかなかモチベーションが上がらないという人もいますが、スタジオが最新式でおしゃれな空間だと、ジムに足を運ぶのもが楽しくなるでしょう。
流行に敏感な人ほど、おしゃれな施設内の写真を撮ってインスタなどのSNSに投稿している傾向があります。
特に、フォロワー数の多い女性がSNSでシェアしていることも、暗闇フィットネスが人気である理由のひとつだといえるでしょう。

どうしてキックボクシングが注目されているの?

キックボクシングは格闘技の一種で、通常のボクシングとは違い、パンチとキックの両方を使う全身運動であることが特徴です。
そのため、パンチのみのボクシングよりもカロリー消費が多く、それだけダイエット効果も高くなっています。
また、キックをすることで、上半身のみならず下半身を鍛えることができ、腰回りや太ももの脂肪燃焼、お尻のスリムアップ、下半身の筋力アップなど、さまざまな面でバランスの取れた美ボディを目指すことができるでしょう。

モデルのローラが発端

日本で、ダイエットとしてキックボクシングが爆発的に広まったのは、モデルのローラが発端といってもいいでしょう。
テレビ番組でローラがキックボクシングに取り組む姿が放送されたことをきっかけに、一般女性だけでなく日本のモデルや女優もスタイル維持方法としてキックボクシングを実践するようになりました。

ローラといえば、足がスラッとして長く、スタイル抜群で、女性の誰もが憧れるような存在として有名です。
しかし、ローラいわく「もともと太りやすい体質」とのことで、日ごろからさまざまなエクササイズを取り入れてスタイル維持に努めているのだとか。
特にキックボクシングには力を入れていて、週2回のペースでボクシングジムに通っているそうです。
このような背景もあり、ローラのようなスタイルに憧れて、ダイエットでキックボクシングを始める女性も多くなっています。

ダイエットとしてのキックボクシング

ダイエットにおけるキックボクシングの大きなメリットは、やはり脂肪燃焼効果が高いということです。
キックボクシングは上半身と下半身の全身運動になるので、それだけカロリー消費量も高くなるでしょう。

キックボクシングは有酸素運動と筋トレを同時進行で行う形になるので、単に脂肪を燃焼するだけでなく、腕周りや足腰の筋力アップにもつながります。
パンチとキックの動作は上半身と下半身のひねりを必要とするので、脂肪のたまった脇腹やお尻にもアプローチすることが可能です。

さらに、脂肪が減り、筋力がアップして体に占める筋肉の割合が増えると、それだけ安静時における基礎代謝の働きも上昇するので、結果として痩せやすく太りにくい体質に改善していくことができます。

ダイエットするなら暗闇キックボクシングがおすすめ!

暗闇フィットネスにもさまざまな種類がありますが、そのなかでとりわけキックボクシングが人気な理由にはどのようなものがあるのでしょうか?理由としては、以下の点が挙げられます。

<ダイエットするなら暗闇キックボクシングがおすすめの理由>
消費カロリーがランニングの約2倍
有酸素運動と筋トレが同時にできて効率的
体幹が強まり身体の不調が改善
かっこいいボディメイクが可能
ストレス発散で楽しくダイエット

それぞれの理由について、詳しく解説していきます。

消費カロリーはランニングの約2倍!

消費カロリーの計算は「体重×時間×エネルギー消費量×1.05」で求めることができます。
この計算に合わせて、体重50kgの人が1時間かけてエクササイズを行ったと仮定し、キックボクシングと軽いランニング(ジョギング)の消費カロリーを比較してみましょう。

ランニングの消費エネルギー(METs)は6kcalなので、1時間運動したとすると、「50×1×6×1.05」となり消費カロリーは315kcalです。
キックボクシングの消費エネルギー(METs)は10.3kcalなので、1時間運動したとすると、「50×1×10.3×1.05」となり540kcalとなります。

数値で見るとキックボクシングの消費カロリーはランニングの約2倍です。
このように、同じ1時間の運動でも消費カロリーが多いため、我慢が必要なほどの食事制限も不要になります。

有酸素運動と筋トレを同時に行えるので効率が良い

一般的にダイエットにおいては、筋トレなどの無酸素運動と、ランニングなどの有酸素運動とを分けて取り組むのが普通でしょう。
しかし、キックボクシングでは無酸素運動と有酸素運動の両方を同時進行で行うことができうるという特徴があります。

キックボクシングにおける無酸素運動は、パンチやキックなど瞬発系の動作であり、腕周りや足腰の筋肉を鍛えるものです。
一方でキックボクシングにおける有酸素運動は、シャドーボクシングや対人練習などにおける激しいフットワークの動きにあたります。

この瞬発系の動きと激しいフットワークによって、筋トレとダイエットの両方を効果的に実践することができるのがキックボクシングの大きなメリットでしょう。

体幹が鍛えられて身体の不調が改善される

美しいホディーを作り上げるには、体幹を鍛えることが重要です。
体幹とは、頭や四股(手足)を除く胴体部分のことをいいます。
わかりやすくいうと、お腹周りと腰回りです。

パンチやキックの動作は単に手足を動かすだけでなく、体全体の「ひねり」が必要とされますが、強いパンチやキックをするとお腹周りや腰回りにひねりが加わります。
さらに、激しいフットワークをしつつパンチとキックを繰り出し続けていくと、それだけ全身に力が入るため、体幹が鍛えることが可能です。

体幹が強化されると姿勢が良くなるため、体の歪みに付随する腰痛や肩こり、冷え、息切れなども改善します。
また、体幹が強化されると、疲れが溜まりにくい体質にもなれるでしょう。

引き締まったかっこいいボディになれる

モデルのような程よい筋肉のついた引き締まった体を目指したいといっても、自己流のダイエットではなかなか難しいものがあるでしょう。
その理由としては、美ボディを作るには上半身と下半身のバランスの取れた運動が必要で、どちらかに偏ってしまうと理想的なボディメイクにはならないからです。

キックボクシングの場合、パンチとキックを繰り返す動作が続きます。
つまり、上半身と下半身の筋肉を同時に使い続けることになるので、バランスの取れたボディメイクを目指すうえで理想的なエクササイズ方法といえるのです。

また、キックボクシングは全身をひねる動作が多いので、それだけお腹回りや腰回りの余分な脂肪を落とすことにつながり、ほどよく筋肉もつき、メリハリのあるかっこいいボディメイクを実現することができます。

ストレス発散しながら楽しくダイエットできる

最初に説明したように、暗闇フィットネスは人目を気にせず、クラブのような開放的でハイテンションな空間でエクササイズができるので、精神的なストレス発散にも効果があります。
また、パンチやキックというのは、その動作自体がアドレナリンを多く分泌する行為なので、それだけ爽快感があるということです。
サンドバッグやミットに「スパーン!」と打ち込む音が気持ちよくて、ボクシングジムに通うのが病みつきになる人も多いといわれています。

ダイエットにおいては精神面での安定も重要です。
不健全な食事の摂り方、睡眠時間の少なさ、疲労蓄積など、ちょっとしたことがダイエットに悪影響を及ぼしてしまいます。
ストレスを発散しつつ、心身共に安定した状態でダイエットに臨むという意味でも、キックボクシングは非常に優秀なエクササイズ方法といえるでしょう。

まとめ

上半身と下半身の脂肪を同時に燃焼し、全身の筋力をアップし、体幹が鍛えられ、体の内からも外からもアプローチできるキックボクシングは、数あるダイエットのなかでも理想的なエクササイズ方法といえるのではないでしょうか。
モデルのローラが週に2回もキックボクシングに励んでいるのもうなずけますよね。
高いカロリー消費によるダイエットと、バランスの取れた美ボディを実現するため、ぜひラグール銀座で暗闇フィットネスを始めてみてはいかがでしょうか。

BACK TO INDEX