体験レッスンご予約はこちら

03‐6228‐5348

キャンセル

発信

キックボクシングは有酸素運動と無酸素運動が同時にできる!?

ダイエット
公開日:2020/03/25 最終更新日:2020/03/25

監修:ラグール銀座マネージャー 岩森 重貴

                   
オンラインラグール

キックボクシングは近年ダイエット効果のある運動としてモデルや女優をはじめ、世界中の女性たちから注目を集めています。
程良く筋肉のついた理想のボディを手に入れるためには、有酸素運動と無酸素運動を交互に行う必要がありますが、キックボクシングでは一連の動作を行うだけで2つの運動が同時にできます。
今回はキックボクシングがダイエットにおすすめの理由を詳しく解説します。

キックボクシングでダイエットをするメリット

キックボクシングでダイエットをするメリット

キックボクシングとは、日本の格闘技の1種で、リングを使った打撃系格闘技全般を指しますが、一般的にはボクシングのように手のみを使うのではなく、足も使って相手と闘う格闘技として知られています。
キックボクシングは足をはじめ全身を使った全身運動なので、脂肪燃焼効果が高くなりやすく、同時に基礎代謝が上がることで、太りにくい体作りができます。
こういった効果が見られることから、近年ダイエット方法の1つとしてキックボクシングを取り入れる女性が急増しています。

キックボクシングは有酸素運動×無酸素運動でダイエットに効果的

ダイエットに運動を取り入れる際は、脂肪を効率的に燃焼させる「有酸素運動」と、体に必要な筋力をつけるために行う「無酸素運動」の両方をバランス良く取り入れることが大切です。
良かれと思って有酸素運動だけ行っても脂肪と同時に筋肉も落としてしまいやすく、一方無酸素運動だけでは脂肪が落ちず、ダイエット効果が得られないケースもあります。
この2つの運動を組み合わせることで、ダイエット効果がアップするといわれていますが、自力で両立するのはなかなか難しいことです。

キックボクシングでは、フットワークをキープしながら瞬発的な動きを加える必要があるため、有酸素運動と無酸素運動である筋トレを同時に行うことができます。
そのため、自分で有酸素運動と無酸素運動を意識して行わなくても、効率的にダイエット効果が得られるのです。

キックボクシングは消費カロリーが高く痩せやすい

キックボクシングは、数あるスポーツの中でも消費カロリーが高いといわれています。
例えば体重50kgの女性が1時間の運動をした場合、ウォーキングだと200kcal、水泳だと290kcal消費できますが、キックボクシングだと同じ時間で消費カロリーが500kcalと、ウォーキングや水泳のおよそ倍以上ものカロリーが消費できます。
大きい動きの多いテニスやエアロビクスでも1時間あたりの消費カロリーは365kcalと、キックボクシングの方が消費カロリーを大きく上回っていることからも、他のスポーツより消費カロリーが高く痩せやすいスポーツといえます。

体幹が強まり身体の不調が改善

キックボクシングではパンチやキックなどの身体をひねる動きが多く、体の軸をブレないようにキープすることが重要となります。
さらにキックだけでもハイキックからミドルキック、ローキックと高さが異なり、体幹が弱ければ体がグラグラして、バランスが取れなくなってしまいます。

キックボクシングの動作を続けていけば、さまざまな反動に耐えようと体が自然と軸を取り、体幹が強化されていきます。
体幹が強化されることで、姿勢が安定するため、身体のゆがみによる肩こりや腰痛の他、女性の多くが悩んでいる冷え性の改善にも効果的となります。

痩せる!キックボクシングが女性におすすめの理由

痩せる!キックボクシングが女性におすすめの理由

キックボクシングの最大の魅力は「健康的で美しい体」が手に入ることです。
過度な食事制限を行うダイエット方法では栄養不足に陥りやすく、体重は落とせても髪の毛や肌がボロボロになる、本来あってほしい場所の脂肪まで余分に落ちてしまうなど、さまざまなデメリットが生じることがあります。
キックボクシングでは十分な運動を行うためにも必要な栄養素を摂取し、体内の血液の循環を良くして代謝を向上させる必要があるため、自然と健康的な体作りを行いながら痩せることができます。

さらに意識の高い女性たちの間では「スタイルを維持するための方法」としても注目されており、『ヴィクトリアズ・シークレット』のモデルや、菜々緒さんやローラさんといった日本の有名なモデル、女優たちもエクササイズの一環として取り入れています。
痩せやすい運動とはいえ、なぜキックボクシングはこれほどまでに女性人気が高いのでしょうか?キックボクシングが女性におすすめの理由を詳しく解説します。

キックボクシングでかっこいい体つきになる

モデルのような程良く筋肉のある、引き締まった身体を作るためには、全身をバランス良く鍛える必要があります。
体幹を鍛えながら程良い筋肉をつけるということは、自己流のトレーニングではなかなか難しく、挫折する方も少なくありません。
キックボクシングは全身運動する格闘技なので、部分的なトレーニングを重ねずとも一度に全身を鍛えることができます。
特に下半身を積極的に使用するのでお腹や腰回りの筋肉を使って動くことも多く、女性が引き締めたい部分を集中的に鍛えることもできるため、かっこいいメリハリボディを作るのにも最適です。

また、モデルといえばスラリとした体型だけでなく姿勢が良いのも魅力。
キックボクシングで体幹を鍛えると、真っ直ぐに体を支えることができるようになり、胸を張ったキレイな姿勢をキープしやすくなります。

自己流では厳しい体作りも、キックボクシングを行うだけで体型から姿勢まで矯正され、かっこいい体つきになっていくのです。

くびれや痩せにくい下半身にもアプローチできる

自己流ダイエットでも特に痩せにくいといわれているのが、下半身です。
食事制限をしても運動をしてもなかなかくびれは生まれない、足は痩せないと、効果が見られないのでやる気が無くなってしまうという方も多いと思います。

キックボクシングではパンチやキックをするために何度も体をひねるため、くびれ作りに効果があります。

さらにキックをするだけでなく、フットワークの良さも重要となるため、自然と下半身の筋力アップにつながり、代謝促進に効果的となり、痩せやすい下半身作りができます。

キックボクシングで楽しくダイエットできる

「ダイエット=辛いもの、我慢するもの」というマイナスイメージをお持ちの方も多いと思います。

一方でキックボクシングは、代謝が上がり痩せやすい体作りができるので、ダイエット目的で取り入れる場合は過度な食事制限をする必要はありません。
激しい全身運動にはなりますが、トレーニング後は「これだけ厳しいトレーニングをクリアした」という達成感を味わうことができ、自信にもつながる上、護身術としても活用できるので、いざという時に自分の身を守ることもできます。
何より集中して全力で取り組むことでストレス解消にもなり、我慢して辛い思いをするダイエット方法とは違い、楽しくダイエットすることができるのが大きな魅力です。

ダイエットに最適なキックボクシングの頻度

ダイエットに最適なキックボクシングの頻度

キックボクシングをダイエット目的で取り入れる場合は、週に2~3回程度行うことをおすすめします。

激しい全身運動を行うため、毎日続けて行うことは難しく、体を痛めてしまう原因ともなります。
日常生活や仕事の合間を縫って無理なく通うことを考えても、週に2~3回程度を目安に行いましょう。

また、キックボクシングは有酸素運動としての効果がある格闘技なので、数週間程度の短期間で効果が発揮されるものではありません。
最低1ヶ月以上は継続して通うことが大切です。
キックボクシングによるダイエット効果が出るタイミングは人によって異なりますが、よりダイエット効果を高めたいのであれば、食事は腹八分目で留めるなど、軽い食事制限も併せて取り入れると良いでしょう。

女性専用も!キックボクシングジムの選び方

女性専用も!キックボクシングジムの選び方

キックボクシングを始める際は、はじめに希望するキックボクシングジムを選ぶことになります。

女性目線でキックボクシングジムを選ぶ際は、以下のポイントに注目してみましょう。

・通いやすい立地にある
キックボクシングを継続して通うためにも、自宅や勤務先から通いやすい立地にあるキックボクシングジムを選ぶようにしましょう。
自宅や勤務先、駅から遠いなど、アクセスの悪い立地にあると、通うのが大変になり、モチベーションも下がりやすくなります。
無理してでも通いたいと思えるジムなら良いですが、基本的には通いやすさを重視することをおすすめします。

・女性専用のキックボクシングジム
キックボクシングを始める女性の中には、「男性に見られるのが恥ずかしい」「男性と同じ環境だと不安」と感じる人もいます。
そういった女性たちも安心して通えるよう、女性だけが通えるキックボクシングジムが存在します。
周りの目が気になる人は、検討しているキックボクシングジムが女性専用であるかどうかもチェックしてみると良いでしょう。

・シャワーやパウダールームなどの設備が整っている
キックボクシング後は身なりを整えたいもの。
女性にとってシャワールームやパウダールームの存在はとても重要なポイントです。
各設備が整っているかどうかはもちろん、清潔に保たれているかどうかも合わせてチェックしておきましょう。

・女性用のトレーニングメニューがある
これからキックボクシングを始める女性にとって、男性と同じメニューだとついていけないかもしれないと不安を覚える人も多いと思います。
検討しているジムに女性用のトレーニングメニューがあると、体力に不安な女性も安心してトレーニングが受けやすくなります。
女性スタッフやトレーナーがいるキックボクシングジムだと、トレーニングに関する相談もしやすいでしょう。

キックボクシングをするときの女性の服装

キックボクシングをする際の服装は、基本的に動きやすい服装であれば何でも構いません。
女性ではTシャツやタンクトップに、ショートパンツやレギンスを合わせたり、お気に入りのスポーツブランドのものを着用したりするなど、おしゃれを楽しんでいる人も多いです。
トレーニングウェアにこだわるなど、形から入ることでモチベーションアップにもつながることもあります。
モデルや女優たちのトレーニングコーディネートを参考に、お気に入りのウェアを探してみるのも良いでしょう。
また、キックボクシングジムによってはおしゃれなウェアをレンタルできることもあるため、事前に確認しておきましょう。

キックボクシングジムの体験メニュー

キックボクシングは複数のメニューを組み合わせたプログラムを行うことになります。

基本となる3つのメニューをご紹介します。

<キックボクシングのメニュー内容>
・ストレッチ
体の柔軟性を向上させるために、ストレッチからプログラムの一環として念入りに行います。
事前にストレッチをしっかり行うことで、運動中のケガ等のトラブルを抑えることができるだけでなく、その日の身体の調子や違和感をチェックすることもできます。

・シャドーボクシング
シャドーボクシングとは、鏡で全身を見ながらパンチやキックを繰り出す動作のことです。
自分の体の動きを見ながら行うので、理想の動きと自分自身の動きをしっかりイメージすることができ、正しいフォームが取れているか随時チェックできます。

・サンドバッグ
シャドーボクシングとは違い、実際にサンドバッグを相手にパンチやキックを繰り出します。
力一杯、打つ・蹴るを繰り返し行うため、短時間でも大量の汗が出て、ダイエットやストレス発散にも効果的です。

ケガをしない程度に全力で取り掛かりましょう。

まとめ

まとめ

キックボクシングでは、食事制限で行うダイエットや自己流のトレーニングでは実現しづらい引き締まったメリハリボディが手に入ります。
普段は有酸素運動が続かないという人も、キックボクシングなら楽しみながら継続してトレーニングに励むこともできます。
キックボクシング女子になって、モデル級のかっこいいボディを手に入れましょう。

オンラインラグール
BACK TO INDEX