GLP-1ダイエットの危険性を解説。正しい知識で安全に痩せる方法

「GLP-1ダイエットで痩せれるって聞いたけど危険性はないの?
「楽して痩せれるならやりたいけど安全なのか不安・・・

このようなことで悩んでいませんか?

「GLP-1ダイエット」正しいやり方で行なえば危険性はありません

なぜなら、医師が診察をして薬を処方するメディカルダイエットだからです。
どれくらいの量の薬を使用すればいいのか、自分には合っているのかなどの悩みは医師が診察して判断してくれます。

医師が処方するので、当然本人が「GLP-1ダイエット」を強く希望しても、処方してくれないケースもあります。
自分ひとりで行なうのではなく医師の診断が必要とわかるだけで安心できますよね。

GLP-1ダイエットが危険なのではと思われるのは知識のない人が間違った使用方法をした結果に起こります。

この記事ではGLP-1ダイエットを始めようと思っているあなたの不安を解消するために、GLP-1ダイエットを安全に行なうために気を付けることをご紹介いたします。

この記事のポイント
  • GLP-1ダイエットの危険性
  • 安全に行うための方法
  • GLP-1ダイエットの注意点

今の体形や体重が気になっていて、GLP-1ダイエットで痩せたいと考えている方はぜひご覧ください。

コッツフォード良枝

コッツフォード良枝 銀座禅クリニック院長

銀座禅クリニック院長。 2007年山梨大学医学部卒業、その後国際医療センター国府台病院で初期研修。研修後は日本医科大学麻酔科に入局し勤務。 その後大手美容クリニック勤務ののち、一般皮膚科、美容皮膚科などの勤務、院長勤務などを経て現在は銀座禅クリニック院長。 人が持つ本来の美しさを引き出すことをモットーに、たくさんの患者の様々な皮膚と真剣に向き合う。

GLP-1ダイエットの危険性について

GLP-1ダイエットは正しいやり方をすれば危険はほとんどありません。
なぜなら、医師が診察をして薬を処方してくれるからです。

実際に日本でGLP-1ダイエットを始める場合は必ず医師の診察を受けます。
医師の診察以外にも血液検査の結果の提出を求められます。

血液検査の結果や体調、体質次第では医師が
「あなたはGLP-1ダイエットを行なうことができません。」
と診断するケースもあります。

なので、きちんと医師の診断を受けてからGLP-1ダイエットを始める場合は危険性はありません。

GLP-1ダイエットを安全に行うために

GLP-1ダイエットを安全に行なうために守るべきことがあります。
それは下記の2点です。

  • 個人輸入はしてはいけない
  • 必ず医師の診断後に開始する

これらについて詳しく解説していきます。

個人輸入は絶対にダメ

個人輸入はオススメしません。
なぜなら個人輸入をした薬は本物かどうかわかりませんし、リスクがあります。
個人輸入に関するリスクは下記の通りです。

個人輸入のリスク
  1. 日本の医薬品医療機器等法に基づく品質・有効性・安全性の確認がされていない
  2. 虚偽または誇大な効能・効果をうたっている場合も
  3. 不衛生な場所や方法で製造されたおそれ
  4. 正規のメーカー品を装ったニセモノである可能性も

参照:健康被害などリスクにご注意!海外からの医薬品の個人輸入

なので、安く手に入れたいからと言って個人輸入はオススメしません。

個人輸入ができる日本語のサイトも多数存在します。すべて日本語で、日本企業が運営しているサイトもありますが、結局は購入するための手数料が上乗せされていて、美容クリニックで診察を受けるのと値段がそれほど安くならないケースが多いです。

必ず医師の診断受ける

必ず医師の診断受ける
GLP-1ダイエットを始めるには必ず医師の診察を受けてください。
なぜなら、あなたに適した薬の量がわからないからです。
GLP-1ダイエットは医師が処方するメディカルダイエットです。

GLP-1は経過した時間や、あなたの体重、血液検査の結果によって投与する量を医師が決定します。
例えば友人がGLP-1ダイエットをやっていて薬をもらったりするのはやめましょう。
同じ体重でもあなたの健康状態によっては投与量が変わってきます。

なので必ず医師の診断を受けてからGLP-1ダイエットを行なってください。

GLP-1ダイエットの注意点

GLP-1ダイエットを行なう前に意識しておくべき注意点があります。
誤った情報が多数ありますので、GLP-1ダイエットについて正しい認識で行なう用にしましょう。

なにもせず痩せるわけではない

GLP-1ダイエットを始めたからと言ってなにもせず痩せるわけではありません。
なぜなら、GLP-1はあくまでも食欲が自然に減退するのをサポートする薬だからです。

食欲減退以外にも満腹感が得られやすい、痩せやすい体質になるなどの効果もありますが、
痩せるためには消費カロリーが摂取カロリーを上回る事が重要です。
GLP-1ダイエットを始めたからと言って何もせず思うがまま食べていたら痩せません

なので、なにもせずに痩せるわけではないことをしっかりと意識することが重要です。

早く痩せたいからと言って絶食したりする無理な減量はやめましょう。
激しい運動は必要ありませんが、エレベーターではなく階段を使うなど日常生活での消費カロリーを上げる意識も重要です。
今までのつらいダイエットに比べたら楽して痩せられると考えるのがオススメ。

1ヶ月で〇kg減少した間違い

短期間で痩せることができるというのは間違いです。
なぜなら、短期間で痩せるのを目的にした薬ではありません。

実際には最初の2週間ほどで2kg以上痩せる人もいます。
ですがそれは、もともとの体重や、消費カロリーも影響してきます。
なので無理な減量はおすすめません。
あくまでも、健康的に時間をかけて痩せることを目指してください。

GLP-1ダイエットの推奨期間は4か月~13か月とされています。
短期間で痩せないからと言って投与量を増やしたりすることはやめましょう。

海外ではダイエットではなく肥満治療として認可

海外ではダイエット薬ではなく肥満治療薬として認可されています。
なぜなら、海外は肥満の人が多いのが要因の1つです。

実際に日本人と海外の肥満率を比べたデータでは日本は欧米諸国と比べて肥満率が低いのがわかります。
海外では医学的介入が必要な高度肥満とされる方の割合が増加していて問題になっています。
そのため、抗肥満薬としてGLP-1が認可された背景があります。

なので、海外でGLP-1が認可されているのはダイエット目的ではなく「肥満治療」としてです。

肥満の基準も日本と海外では違います。日本はBMI25以上で肥満と認定されますが、世界保健機関(WHO)の判定基準では30以上が肥満と認定されます。

注射ができない方

GLP-1ダイエットが受けれない方がいるので、事前に該当しないか確認が必要です。

  • 未成年、70歳以上の高齢者
  • 妊娠、授乳中、妊娠の可能性がある方
  • 糖尿病、肝機能・腎機能障害(重度)、膵炎、胆石症の方
  • 腹部手術、腸閉塞の既往歴のある方
  • 甲状腺疾患の方
  • 摂食障害、うつ病の方
  • 多発性内分泌腫瘍症2型(家族歴も含め)
  • BMI18.5未満の方
  • 低血糖の恐れのがある(状態)方

GLP-1ダイエットの副作用

安全に行なっていてもGLP-1には副作用があります。
理由ははっきりとは解明されていませんが軽度の副作用は40%くらいの割合でおこります。
ですが、低血糖・急性腎不全・アナフィラキシーショックなどの重篤な副作用は少ないとされています。
主な副作用は下記の通りです。

  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 便秘
  • 胃痛
  • 腹部膨満感
  • おなら
  • 腹鳴(お腹がなる)
  • 疲労感
  • めまい
  • 頭痛

これらの副作用は使用を続けるうちに数日から1週間程度で軽くなってきます。
数日経過しても症状が改善されない場合は迷わず医師にご相談ください。

このように副作用が起こるGLP-1ダイエットでは必ず信頼できるクリニックでの受診が必要です。

まとめ

GLP-1ダイエットは医師の診断を受けてから行なえば危険なものではありません。

GLP-1ダイエットを安全に行なうために下記の点を守ってください。

  • 個人輸入はしない⇒個人輸入は安く手に入れられてもリスクが多い。
  • 医師の診断を必ずうけてから行なう⇒GLP-1は医師の処方で行なうダイエット方法。

GLP-1ダイエットがどのように行なうと危険なのか知っておけば回避することが可能です。

今までつらいダイエットにチャレンジして失敗続きだった方はぜひご検討ください。